Games For Windows Live に繋がらないときの対処法

Games For Windows Live に繋がらないときの対処法

この記事は Windows XP 時代の物です。
Windows10 では「Xbox」アプリから設定を行いますが、古いゲームではゲーム内から行わなければならないタイトルもあるかもしれません。

Games For Windows Live に繋がらないときは、OS かルーターの設定に問題があります。
まずゲームを立ち上げ Live に接続まで出来るのであれば、Home キーで Live を開き「設定」を開きます。
更に「ネットワークの状態」を開きます。
次のような画面が現れます。

Games For Windows Live に繋がらない・安定しないときの対処法

ここで「UPnP」と「NATの種類」が重要です。
Live において最も好ましい状態は「使用中」「オープン」になっている状態です。
ここが「未使用」「モデレート」などになっていると接続は出来ても安定しなく、相手によっては切断されるなどのトラブルが発生します。

状態が良くなかった、もしくはサインイン出来ない場合は、Windows 内の次の項目を確認します。
XPを例に挙げますが Vista や 7 も似たようなものです。

スタート→ファイル名を指定して実行→「msconfig」と入力しOK→サービス と進みます。
「Universal Plug and Play Device Host」と
「Windows Live ID Sing-in Assistant」に
チェックが入っている事を確認します。
チェックが外れていた場合はチェックを入れて再起動します。

Games For Windows Live に繋がらない・安定しないときの対処法

スタート→設定→ネットワーク接続→ローカルエリア接続を右クリック→プロパティ→詳細設定→設定→例外 と進みます。
ここの項目で「UPnP」にチェックが入っている事を確認します。
ここにチェックが入っていない場合はファイアウォールでブロックされ「UPnP」が未使用となります。

Games For Windows Live に繋がらない・安定しないときの対処法

ここまで設定が問題なければルーターやポートを調べる必要があります。
公式によると Games for Windows LIVE では次の3つのポートを開ける必要があります。

  • TCP ポート 3074
  • UDP ポート 88
  • UDP ポート 3074

独自でインストールしたセキュリティソフトがブロックしてる場合があるので、自分のセキュリティソフトのヘルプなどを見て GFWL とゲームのインターネット接続とそれぞれのポートをブロックしない設定を行って下さい。

ルーターの設定を確認します。
まず先にポートがブロックされてないか確認します。
UPnP 設定を使用できるように設定します。
これでも駄目な場合は、「IPv6ブリッジ」という項目があるルーターの場合、それを無効にして試してみます、効果が無いのであれば有効に戻しておきましょう。

これら全てを行っても解決しない場合は OS 内の設定云々の可能性は低く、セキュリティーソフトとルーターの設定を全て見直すことをお勧めします。

ゲームを立ち上げたら初期段階で不正終了する場合は Games for Windows LIVE のログイン関連の問題が原因の場合があります。
特に Codemasters のゲームにこの症状が出る場合があります。
自動ログオンを無効にし、手動でプロフィールを選択しログインするようにすると正常にログインできる場合があります。
正常にログインできるゲームがあれば一度そのゲームからログインし、再びログイン画面を開き自動ログインのチェックを外しログインします。 ログインできるゲームが無い場合は、スタートメニューから Marketplace を立ち上げ同様の操作をしますが、Marketplace がインストールされていない場合は成す術がありません。

コメント