Modify Lab
ゲームの攻略やデータ・紹介・レビューなど
TOP > 情報・レビュー・PCの設定 > PCゲーム コントローラー(パッド)の選び方

PCゲーム コントローラー(パッド)の選び方

PCゲーム コントローラー

ゲームをプレイする上でコントローラー選びはとっても重要なことです。
コンシューマ(家庭用ゲーム機)の場合は選択に限りがあるので悩むことはありませんが、PC の場合あらゆるコントローラーが接続できるので迷ってしまう方もいるかと思います。
筆者が数々のコントローラーを破壊してきた経験から、選ぶポイントを紹介したいと思います。

まず最初にコントローラーには大きく2種類があります。
皆さんがボタンを押したときに機械がどのように処理しているかという違いで、「Direct Input」と「Xinput」という方式があります。
簡単に説明すると Direct Input は古い方式で、代表的な物は PlayStation 3 のコントローラーです。
Xinput は新しい方式で、代表的な物は XBox360 のコントローラーです。

使用上の大きな違いは R2 と L2 キーの扱いで、DirectInput の場合従来どおりのボタンですが、Xinput の場合レバー(トリガー)扱いとなりアナログ入力が可能となります。
Xinputのトリガーは当然設定次第ではボタンとしても使えるため、色々なゲームをプレイされる方ならこの一点だけ考えても Xinput を選んだ方が使い勝手が良いです。

では入力方式の選択が決まったら次はその中からどう選ぶかですが、重要な順にいくつかポイントを挙げます。

  1. ボタンとレバーの耐久力
  2. コード付きかワイヤレスか
  3. 握ったときのフィット感や材質
  4. ボタンの数やキーの配置
  5. 重さ
  6. 連射機能などのオプション

素人ほど最もどうでも良いオプション機能の豊富さや、ボタンの数を優先して選んでしまいがちです。
では順に説明致します。

1:耐久力

コントローラーを選ぶ上で最も重要なことは、ボタンとレバーの耐久力です。
どんなに機能が優秀なコントローラーでもボタンが効かなければ何の役にも立ちません。
とはいってもこれは使用頻度やプレイするゲームによって大きく変わります。

例えば最もダメージが少ないのはアドベンチャー、シミュレーション、ロールプレイング、テーブルゲームなどで、次にフライトやレースになるかと思います。
ある程度ダメージがあるものでは、アクションRPG、FPSのようなガンシューティングなどがあります。
最もダメージが大きいのは格闘ゲームなどのアクションゲームです。

私はあらゆるジャンルのゲームをプレイし、コントローラーもあらゆるメーカーの物をトライし、おそらく30個は破壊してきたと思います。
まったく同じ物でも使い勝手が良い物は複数破壊しています。
何故なら便利なコントローラーがたまたま当たり物が悪くすぐ壊れたという可能性もあるからです。
壊れたコントローラーは必ず分解し原因を突き止めて、場合によっては部品を移植し直したりもします。

この耐久力という面で圧倒的に高性能なのがやはり当然と言うべきか、XBox360とPlayStationの純正品です。
ボタンのゴムの耐久力が異次元に違います。

他のPCパッドメーカーや家庭用ゲーム機社外品メーカーで有名な所では、

  • Sanwa
  • Buffalo
  • Elecom
  • Hori
  • Logicool

などがあります。
それぞれの私の破壊記録を紹介致します。

Sanwa

16ボタンや連射機能など機能面では圧倒的に高性能であり、耐久力が備われば無敵と言えるメーカーですが、その最も重要な耐久力がありません。
ボタンの耐久力は普通程度ですがレバーの耐久力が酷すぎます。
以前同じ物を2つ破壊し、その後4年程経ってから更に2つ破壊しましたが、4つ全てレバーが壊れました。

壊れたパッドを分解してみると、レバーの構造や基盤などが毎回変化してます、つまりメーカー側も改善しようという努力は見られるわけですが進化が見られません。
どの程度で壊れるかと言うと、バイオハザードのようなガンシューティングやレースゲームを一日2時間程度2~4週間プレイで、レバーの反応が狂い暴れだすか、レバーの構造の劣化でプラプラになったりしました。

ボタンのゴムも同様のプレイ内容であれば使用頻度の高いボタンは二ヶ月はもたないと思います。
各ボタンゴムが独立しているので分解して取り替えることは可能ですが、それ以前に全てのコントローラーがレバーが壊れているのでは移植のしようもありません。
まったくお勧めできないメーカーですが、レバーを使わないゲームしかしない人には良いかと思います。

Buffalo

Sanwaの次に多機能ではありますが、こちらはボタンの耐久力が致命的に悪いです。
例えばレースやエアコンバットゲームなら一日2時間程度のプレイで、アクセルや攻撃に使うボタンは2週間ほどでゴムが破れるでしょう。
同様に格闘ゲームなら一週間持たないのは勿論、ガンシューティングでも2週間は難しいでしょう。

Elecom

全体的にバランスは良いものの全てにおいて 360 や PS の純正より劣る感じですが、値段の差の割りには耐久力が低いと言えるので、これを買い続けるなら純正を買い続けた方がお得です。
ただこのメーカーで出していた、PSコントローラーをUSBに変換するコンバーターが、電圧のコントロールが雑で誤作動の嵐だったので(6個試して全滅でした)、USBコントローラーもPCの悪影響の不安があるため私はもう使わないと決めました。


Horiに関してはPS2時代にコンシューマで使ったことがある程度で、PCでは使ったことがないのでわかりません。
LOGICOOL に関してはステアリングコントローラーのような特殊な物が評判が良いメーカーかと思いますが、通常のコントローラーに関しては他のメーカーよりはマシなのかもしれませんが、やはり評判が良いとは言えません。

2:コードかワイヤレスか

これに関しては動きの激しいゲームをプレイするならば、性能だけを考えれば当然コード付きのコントローラーを選ぶべきです。
どうしてもコードが嫌な人はワイヤレスを選ぶことになりますが、ワイヤレスも以前と違い精度も随分上がり、電池ではなくバッテリー内臓で充電できる物が主流となってますので電池代を考慮する必要は無くなってます。
ですが当然その分重量が増えますしコストも高くなります。

ボタンやレバーが劣化するコントローラーにおいて、このバッテリーコストの出費は無駄と言えるのではないでしょうか。
仮にボタンのゴムが別売りで存在するメーカーがあったとしても、レバーが交換できるメーカーは現れないことでしょう。

3:材質やフィット感

握り心地は個人の好みですが、材質に関しては色々あります。
グリップ部分がゴムの物もあれば、プラスチックの材質もつやありとつや消しがあり、塗装されている物もあります。
まず塗装されているものは絶対にお勧めできません。
使っているうちに塗装が剥げ始め、見た目が良くないだけではなく汚れが付着しやすくなります。
つやありとつや消しに関してはつや消しをお勧めします、べたつきが少ないからです。
ゴム素材はお勧めできません、汚れを吸収するため衛生上良くないですからです、どうしてもコントローラーが滑ってゴムが好きという人は選んでも良いでしょう。
全ての条件を見たいしているのは XBox360 コントローラーでしょう。

4:ボタンの数やキーの配置

XBox360 が左レバーの位置が違うということ以外は、多くは PlayStation のスタイルかと思います。
ボタンの数は大いに越したことはありませんが、基本的にメジャーなゲームは 360 と PS3 で販売されているため、これらのコントローラーのボタン数で用が足りるように設定されています。

それ以上のボタンは JoyToKey のようなソフトで設定し便利に使うことが出来ますが、私は今のところボタン数が多い物で耐久力を備えた物に出会ったことが無いので、お勧めできる物がありません。
また PC ゲームでは 360 コントローラーは繋ぐだけで使える物が多いですが、ボタン数が多い物は外部ソフトを併用して設定しなければ使えないと思って良いです。

5:連射機能等のオプション

これらの機能でコントローラーを選ぶことは、PC ゲーマーなら全く馬鹿げています。
何故ならそれらの機能はフリーソフトやドライバなどでどうにでも設定出来るからです。
コンシューマ(家庭用ゲーム機)の場合はそうはいかないので、コントローラーにこれらの機能が備わっているのは魅力であるとは思います。
Xinput 方式である XBox360 コントローラーなら、お勧めは「XInputPlus」というプログラムです。
https://sites.google.com/site/0dd14lab/xinput-plus
Xinputに対応していない古いゲームなどでは JoyToKey というフリーソフト(今のところフリー)がお勧めです。


以上を総合して私が行き着いた PC ゲームで最も優れたコントローラーはXbox360純正になりました。
しかし2016に生産終了となり、筆者はまだ生き延びてる360コントローラーが二個あるため、お勧めコントローラーがありません。
マイクロソフトの後継型が良いのだろうと思いますが、360に比べて値段が二倍です。
というわけで今使ってるものが壊れたらあまり評判が良くないですが LOGICOOL を試してみようかと思います。
勿論マイクロソフトのが価格が下がればそちらを選びますが。
画像リンク先でレビューも読まれると良いです。

rss1 hatena Tweet facebook googleplus Line

コメント

◀ NEWTOP ▲ 400 ▲ 400 ▼ OLD ▶
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。