FARCRY5 攻略 #3 スペシャリスト・ガンフォーハイヤー・傭兵

FARCRY5 攻略 #3 スペシャリスト・ガンフォーハイヤー・傭兵
FARCRY5 攻略 スペシャリスト・ガンフォーハイヤー・傭兵

FARCRY5 の唯一のやり込み要素は、気に入ったガンフォーハイヤーを3人揃えることくらいしかありません。
スペシャリストも含め今回はこの傭兵システムについてまとめます。
先に書いておきますが、FPS TPS の対戦などを楽しめるレベルにある人にとっては、このゲームは最高難易度でもぬるすぎる設定のため極論を言うと仲間は居なくてもよいという話になってしまいます。
そのため、ガンシューティングが苦手な人向けに兵士の有効活用を紹介するような説明になっております。

FARCRY5 では同メーカーの Tom Clancy's Ghost Recon Wildlands のような細かな行動指示はできません。
長押しでプレイヤーを追尾させるか、エイムしている地点をクリックしてその場所に移動待機させるかだけです。
特殊な使い方としては、ビークルに乗る際に自分が運転席以外に乗ることで、傭兵が運転席に座り運転してくれます。
この場合マップでビーコンを指定し、そこまで自動運転するような状態となりますが、AIの操縦技術があまりにも酷いために画面を見ていて酔う人もいると思います。

ファングフォーハイヤーの特徴

個別の説明の前に、ブーマー、ピーチズ、チーズバーガーのファングフォーハイヤー共通の特徴について説明します。
ビークルには一切乗れないため、プレイヤーが航空機で移動の際は地上を移動して追尾してくるため、単独で戦闘となり死ぬことが多い。
基本的に噛みついて攻撃しますが、対動物では近接扱いにはならず取得できる皮は銃殺と同数。
また、対動物では攻撃目標設定しても威嚇して追い払うことあるため狩りには使えない。
噛みつく系の対動物ではどちらが先に噛みつくかで勝敗が決まるため、LV50であろうと物凄く弱い。
ジェスを連れていてももう一人がファングフォーハイヤーだと「野性フレンドリー」は無効化される。
最大の問題点として、モーションの都合上一つの対象に対して二匹の動物が同時攻撃をすることはできない。
人間と動物のペアで攻撃対象を同じものに選択しても、動物が噛みつくと人間は見学状態になってしまう。

スペシャリストとガンフォーハイヤー共通の武器種による違い

キャラクターが二つ覚えるアビリティ以前に、武器種による行動の違いやメリットデメリットを知っておく必要があります。
まずスタイルは7種類に分類されます。
また、武器にサプレッサー(サイレンサー)は付いていないため、ステルス攻撃ができるのは近接武器か弓タイプのみです。

FARCRY5 攻略 スペシャリスト・ガンフォーハイヤー・傭兵 「近接」メイン:バットかパイプ/サブ:ナイフ
「兵士」メイン:ショットガン M133/サブ:ハンドガン 1911・スモークグレネード

ガンフォーハイヤー限定で、近接タイプと兵士タイプの2種類が属する。
近接武器タイプは鉄パイプとバットの違いは関係なく、ファストトラベルなどのときにかってに変化したりする。
近接は中距離のときにナイフで投擲攻撃をするときもあるが、基本は走って近付いて殴ろうとする。
近接は動物を倒したときの皮の取得は二倍となるが、動物の方がスピードが早く一撃で倒せなければ追いかけるだけで倒すことはできない。
近接の魅力はステルスでの拠点攻略時のみで、敵に気付かれてからの撃ち合いや路上での戦闘には全く向いておらず、殴るために走っているところをハチの巣にされて死ぬだけとなる。

ショットガン持ちはやたらとスモークグレネードを使うため、スモークグレネードを使う攻撃スタイルの人でもなければ視界が悪くて邪魔なだけとなる。
ガンシューティングの経験が豊富な人は、ショットガン=ブッパのイメージがあると思うが、ガンフォーハイヤーにはそれは期待できずペギーのようにバンバン撃ってはくれず丁寧で手数が少ない。
ハンドガン持ちのタイプより遥かに近付いて撃とうとするため、爆発に巻き込まれて死ぬことが多い。
ショットガンの立ち位置がハンドガンより近く設定されてることもあり、ハンドガンを使うのはビークルに乗っているだけと思ってよい。
余談だが近接タイプは原始人のような走り方をするので、女キャラの場合キツイものがある。
※個人的にはどちらも全く使えない。

FARCRY5 攻略 スペシャリスト・ガンフォーハイヤー・傭兵 「兵士」メイン:ライフル AR-C/サブ:ハンドガン 1911
「兵士」メイン・サブ:ハンドガン 1911

意外とレアかと思われるハンドガンしか持たないタイプと、メイン武器はアサルトライフルの AR-C で必要に応じてハンドガンに待ち換えるタイプの2種類が居ます。
近接では殴り、近距離ではハンドガン、中距離では AR-C をバンバン撃ち、遠距離でも長距離射程タイプと大差が無い。
最も扱いやすいが、路上での銃撃戦でも敵に発見される前はとりあえずステルスで殴りに行くので、プレイヤーがあえて一発撃って敵に発見させるなどすれば AR-C で撃ちまくってくれる。
AR-C の弱点として、倒れてる敵に撃ってくれないため、天使のような高HPの敵に対しては、起き上がり>一発撃つ>ダウン>起き上がり といった流れを繰り返すことがあるため、大人数相手をするときにはプレイヤーが高HPから順に倒してしまわないと、このタイプのサクサク倒す魅力は発揮されない。
航空機の運転手を倒せるほどの狙撃や乱射能力はない。
プレイヤーの追従能力は一番高い。
※一番のおすすめ。

FARCRY5 攻略 スペシャリスト・ガンフォーハイヤー・傭兵 「長距離射程」メイン:スナイパーライフル AR-CL/サブ:サブマシンガン
最初は誰もが期待してしまうと思うが、火力不足が致命的で所持武器が50口径のSRではなく AR-C の安定性を下げて射程を伸ばしたゴミ武器の AR-CL という悲惨な設定で、一般ペギーでもヘッドショットを外すと一撃では倒せない。
サブ武器はサブマシンガンで近距離ではそこそこ優秀な動きをする。
異常なほど手数が少なく基本エイムしかしてない、兵士や弓と組ませると全くキルが伸びないことでもわかる。
視認範囲だけは広いため、移動の際にビークルに乗ってもこのタイプだけは乗らずにエイムしていることも多々ある。
立ち位置も孤立することが多く、とにかく移動の際についてこない。
ライフルと言えば狩りに同行させたくなる人もいると思うが、何と驚くことにヘラジカにタイマンで負ける。基本的に倒しきれずに接近されると距離を取るために逃げ始めるので、移動速度の速い動物に一方的に攻撃され続ける。
※サプレッサーがついていない遠距離という時点で詰んでいる。

FARCRY5 攻略 スペシャリスト・ガンフォーハイヤー・傭兵 「長距離射程」メイン:複合弓/サブ:無し
動きの基本は兵士タイプの AR-C 持ちと同じ。
サイドアームを持たないためビークルに乗っているときは攻撃を行わない。
ライトユーザーには最もおすすめタイプで、ヘビーユーザーには違った意味で使えるタイプで、やり込み派には不要になるタイプ。
RPG タイプを除外すれば実は一撃の威力は一番高いということになる。
大抵のゲームでは弓は中距離射程の扱いだが、FARCRY5 ではゲーム内表記でジェス以外の一般 NPC の弓が「長距離射程」となっており、実際にハンドガンマークの兵士より遠距離狙撃は優秀。
100m くらい離れたところから一撃で倒すなど、照準マークのタイプよりもよほどスナイパーとして使えるのが魅力でありながら移動関連の弱点もない。
敵に発見される前でも指示さえ出せば兵士タイプと違い遠距離から弓でサクサク倒すので、この点では兵士タイプを上回る。
最大の難点は火矢を放つことで、これにより火の海になることもあれば、ステルス攻略中のときもペギーの喚き声で解除されてしまうなど、何一つ良いことが無い。
弓の欠点は敵に発見され銃撃戦になったときや、路上での敵との遭遇での動き回る敵には命中率がかなり低いこと。
ライトユーザーには狩りの資金稼ぎで弓は重要ですが、弓は二発目以降をあてるのが鬼門で AI には期待できません。その場合は自分も含めて3人とも弓で行けば動き出す前に3本当てれるので倒しきれる確率が跳ね上がります。
弓は長距離のくせに基本的にプレイヤーより前に位置取りしようとするので、移動の際に邪魔になることが多く、建物の中などでは近くでうろうろされて道を塞がれることが多い。
ヘビーユーザーには拠点攻略での魅力は感じないと思われるが、銃では簡単すぎて弓で遊ぶ時や、皮全種を60個集めるなどのときは弓を連れてあることになるでしょう。
やり込み派の人にとっては、お金やアルファ含めて皮全種60カンストして、拠点やミッションは初期のままで散歩での銃撃戦を遊ぶだけだと思うので、ここまでくると弓には何の利点もなく火矢のデメリットの方が痛い。
※結局のところ狩りをするかしないかで全てが決まるのと、移動のモーションが最も人間らしいのも魅力かも。

FARCRY5 攻略 スペシャリスト・ガンフォーハイヤー・傭兵 「ヘビー」メイン:ライトマシンガン M-60/サブ:ハンドガン 1911
ガンフォーハイヤー限定で、PIN-KOレーダー基地を攻略後に沸く固定の男キャラ一体しか確認されていない。
武器はこのゲームで中距離最強と言われる LMG の M-60 持ちで、近距離ではハンドガンに持ち替える。
大変残念なのはこの一体だけのため見た目に選択の余地が無いこと。
ヘルメットをかぶってアーマーを装備しているが、ヘルメットが外れないことからもわかるように、ペギーのように防御力が高いわけではなく見た目がごついだけのハッタリ仕様。
ステルス関連や攻撃距離などは全てハンドガンマークタイプと同じで、火力が上がった強化版という感じです。
しかしこのタイプには重大な欠陥があり、一度連れ歩いた人ならお気付きかと思うが、照準マークタイプ以上にプレイヤーを追従せず、とにかくビークルに乗らない。周囲の敵がどうこうとは違った感じで、警戒状態でもないにもかかわらず指示に従わない。
※全種類の中で最も扱いにくいタイプ。

FARCRY5 攻略 スペシャリスト・ガンフォーハイヤー・傭兵 「RPG」メイン:ロケットランチャー RPG-7/サブ:SMG
ロケットランチャー持ちで、近距離では SMG を使う。
スペシャリストのハークはビークルへの追尾機能を持つためとてつもなく強いが、一般兵士にはそれが無いため微妙ではある。
指示を出しまくる人には最強と言えるが、AI 任せであれば兵士タイプの方が安定すると思われる。
プレイスタイル次第なところがあり、ランボースタイルの人であれば迷わず一番候補となるでしょう。
地形に依存すところが大きいので、建物の中や森の中で戦うのであれば全く機能しない。
※路上散歩のビークルだらけの戦闘では一人連れていると大変便利。

FARCRY5 攻略 スペシャリスト・ガンフォーハイヤー・傭兵FARCRY5 攻略 スペシャリスト・ガンフォーハイヤー・傭兵 スペシャリスト限定で、ニックとアデレードが該当します。詳細は個別説明の方に記載します。


基本的にどのタイプを使うとしても、自分を含めて3人パーティと考えて組み合わせることが重要で、アビリティは勿論のことパークも影響があるので、自分のプレイスタイルに合ったものを見つけるのが重要です。

スペシャリスト

特別設定された9名の兵士で、人間6人と動物のファングフォーハイヤー3匹が存在します。
当初はスペシャリストよりも一般のガンフォーハイヤーの方が優れているというのが一般的でしたが、最終バージョンの PERK がアップグレードできる状態では、スペシャリストのみがその対象となったため、体力と復帰の速さから使い勝手が向上しました。
標準で死亡後15分のクールタイムですが、最大レベルの50(それぞれポイント計54消費)まで上げると50秒で再使用可能となります。

ジェス
FARCRY5 攻略 スペシャリスト・ガンフォーハイヤー・傭兵
最も優秀と言っていいが、最大の問題は見た目がゾンビであること。なんてことを言うと「ジェスがかわいい」という声も多いので反感をかいそうだが、それは UBI のモデリングのセンスの無さに慣れて感覚が麻痺してるかリアルで祝福を受けているためだと思われ、冷静に見ればラクーンシティのクリーチャー側にジェスは居る。筆者が思うに偶然の産物で一人だけかわいいキャラができてしまったからバランスを取るために後から傷を入れたのではないかと思われる。アデレードやグレースとバランスを取ろうと思ったらこの扱いも納得ができる。
ジェスが居るおかげ一般兵士の3枠に弓を入れる必要が無いので、ヘビーユーザーにとってはありがたい。
ライトユーザーにとっては間違いなくお勧め度No1のキャラクターで、ステルス攻略、狩りでの皮取得二倍、アビリティによる動物からの攻撃回避、など優秀すぎる。
一般ガンフォーハイヤーとの大きな違いは何といっても火力で、見た目は普通の複合弓だが SR の50口径の威力9と同等の破壊力に設定されているため、グリズリーさえ一撃で倒す。
狩りでの重要性は圧倒的で、放っておいても向ってくる獣系ではなく、近付くと逃げる草食動物系の皮を集めたいと思ったらジェスが居ないと話にならない。
一部のマニアを除いては最後までお世話になるキャラクター。
ハーク
FARCRY5 攻略 スペシャリスト・ガンフォーハイヤー・傭兵
FARCRY シリーズの人気キャラクターで、おバカすぎて人によってはイラっとするかもしれないが、連れ歩いて慣れてくると不思議とかわいくなってくる。
プレイスタイルによってはジェスを超えるNo1とも言える。
追尾型 RPG があるので路上での乱戦ではビークルの破壊で大活躍する。
距離によって武器をハンドガンに持ち替えるため特に欠点もないが、言うまでもなく近接やファングフォーハイヤーとは相性は悪く、味方もろとも吹っ飛ばしてしまうか、味方がいるせいで攻撃せずに棒立ちになったりする。
シャーキー
FARCRY5 攻略 スペシャリスト・ガンフォーハイヤー・傭兵
仲間にするときのミッションでは火炎放射器で暴れまわっているが、仲間になってからの武器はショットガン。
所持アビリティにはないがホット・バックショットを隠し持っており、かなり頻繁に敵が発火することから扱いにくい。
攻撃距離は近く他のキャラが武器を切り替える近距離まで歩いて進んでからショットガンで攻撃する感じ。
アビリティのファイヤーアップはシャーキーだけに適用されるのか、プレイヤーにも適用されているが効果が薄いのかは不明だが、同行させても自分の火力に全く変化が感じられない。
というか説明が適当なだけで、ホット・バックショットを隠し持っているのではなく、ファイヤーアップが敵に火が付くあの効果と捉えるべきかもしれない。だとすれば常に火力アップではなく、火が付いた時だけ火力アップという解釈になる。
FARCRY5 の暗い雰囲気が好きじゃない人は、一度シャーキーとハークの組み合わせで散歩してみると面白い。愛すべきおバカコンビが世界観を変えてくれる。
グレース
FARCRY5 攻略 スペシャリスト・ガンフォーハイヤー・傭兵
長距離タイプの説明で書いたように使い物にならない。アビリティも無力なため長距離を使うにしても一般傭兵の方が優秀と言える。
ルックスやトークにしても残念なキャラで、ジェスと組ませたときのトークのつまらなさは酷すぎる。
UBI のセンスの悪さを象徴しているようなキャラクター。
アデレード
FARCRY5 攻略 スペシャリスト・ガンフォーハイヤー・傭兵
呼んだときにヘリで登場して空から機銃で攻撃してくれる。
グラップルでヘリに乗ることもできる。
適切な地形があればそこへ移動指示することでヘリから降りるため、ヘリを自分で使うこともできる。
ヘリを降りた後は AR-C で戦うため、この状態の方が優秀だったりする。
ヘリのパイロットとしての腕は悲惨で、これは他の兵士に操縦させても同様だが、急な崖の向こう側などにビーコンを指定するとその崖の地面をこすりながら越えようとするなど、地上高を全くコントロールできないというか前進を緩めることをしないため、上昇が前進に追いつかなければぶつかる。当然木にぶつかりめちゃくちゃなことになる。
何よりもこのキャラクターの問題はトークであり、若くルックスの良い女キャラでなければ需要が無いであろう設定を、それでは色々と問題があるだろうからアデレードに言わせることでネタにしようという UBI のセンスの悪さがここにも現れている。「そもそも下ネタは必要無い」という選択があることに気が付いてほしいものだ。
ニック
FARCRY5 攻略 スペシャリスト・ガンフォーハイヤー・傭兵
筆者にとっては最も使えないキャラクター。
アデレードのようにヘリから降ろして戦わせることはできない(爆発しない程度に墜落させて生きて降りてくるのかは不明)。
ヘリのように上空待機ができないため致命的に手数が少ない。
一番の使い道は攻撃地点を指定して爆弾投下させることだが、ハークの方が遥かに優秀だし、対象が無い地点を爆破するのであれば自分で投擲武器を投げた方が早い。
最大の欠点は、敵の航空機やヘリに簡単に撃墜されること。これが逆に無双してくれるのなら対航空機が苦手な人は常にニックを飛ばせておく使い方ができたのだが残念。但しアデレードと組ませて2機で飛ばせておけば対航空機でも勝率は格段に上がる。
ブーマー
FARCRY5 攻略 スペシャリスト・ガンフォーハイヤー・傭兵
トップ3に入る優秀なキャラクター。ライトユーザーにとってはジェスとセットでツートップとなる。
ファングフォーハイヤーの説明で書いたように動物ゆえの欠点はある。
とにかくアビリティが優秀で、ポインターは一般兵士のスポッターよりも遥かに広範囲で探知してくれる。
拠点攻略では歩かせるだけなら敵の前を通過しても未検知状態を維持するため、拠点の真ん中まで行かせて戻らせればほとんどの敵をマークできる。
ヘビーユーザーにとっても重宝するのがレトリーバーで、武器を拾ってくるのは必要ないが、説明にはないが一般兵士のハゲワシと同様の機能もあり、連れていると財力に大きな差が出てくる。
狩りのときは動物同士の弱点はあるものの、ウサギなどを目につかない対象をポインターしてくれるのはありがたいのと、ウサギや鳥などの一部の小動物限定ではあるが、攻撃対象に設定しておけば他のものが倒しても死骸を咥えて持ってきてくれる。
これが犬ではなく兵士タイプの人であったならば間違いなく最強であった。
ピーチズ
FARCRY5 攻略 スペシャリスト・ガンフォーハイヤー・傭兵
ステルス強襲のためのクーガーだが、一人目を襲った時点でペギーが喚き散らすのでそれ以降は乱戦となり無力と言える。
特に有効活用できる場がないのと、これを連れて歩くなら鈍器を持った近接兵士の方が優秀だということになる。
動物を連れて歩くのが好きな人以外は要らないキャラクター。
チーズバーガー
FARCRY5 攻略 スペシャリスト・ガンフォーハイヤー・傭兵
攻撃力は凄まじく、噛みついたときは時間はかかるが、引っ掻き攻撃が続いたときは物凄いペースで敵を蹴散らしていく。
残念なのはアビリティに魅力がないことで、特に「武装:攻撃する権利を行使する」に関しては、このゲームをやり込んだ筆者でも効果が良くわからない。体感できない以上無意味なアビリティであることはわかる。
動物を連れて歩くのが好きな人以外は要らないキャラクター。

ガンフォーハイヤー

このゲームはやり尽くした先はお散歩ゲームとなるため、ランダムで作成されるガンフォーハイヤーを自分好みで3人揃えるのが唯一のやり込み要素となります。
やり込み要素と言えるかはわかりませんが、ガンフォーハイヤーのキル数が何処までカウントされるのかを挑戦するのもありです。
筆者は2000越えまでは確認してるのでおそらく最低でも 9999 まではあると思われますが、表示欄に余裕があることから無限にカウントされる可能性もあります。

ジェス

兵士の6種類の違いは、上の方で武器種の違いで説明したとおりです。
これに加えて二つ覚えるアビリティを含めたものがその兵士の能力となります。
アビリティには以下のようなものがあります。

全タイプ共通

バックアップ
ダウン時に自分を蘇生する。
全員に必須であり最強アビリティ。AI は死にまくるのでこれが有るか無いかでは差が大きすぎる。
死んだら他の兵士に切り替えればよいという考え方もあるが、他のアビリティと比較して圧倒的に優れているため相対的に必須のアビリティ。
ハゲワシ
死体から回収できるアイテムが増える。
三人のうち1~2人はこれを付けたい。
弾薬とお金だけではなく皮やハーブや材料も拾うので、常に一人同行させているのとそうではない場合では、将来的にセーブデータに大きな差が出る。
ブーマーもハゲワシを持っている。
シックスキン
ダメージ耐性が向上する。
所持してる本人だけではなく、プレイヤーにも効果がある。
検証の結果は、6発で死ぬところが9発で死ぬようになることが確認できたため、1.5倍の硬さになる。
溜め込み屋
弾薬をより多く持てるようになる。
一周目はかなりありがたいが、弾薬アップグレードが実装された二周目以降は要らないアビリティ。
上昇量は、ハンドガン+16、SMG+48、ライフル+60、LMG+80、50口径+5、矢+6、ロケラン+1、燃料タンク+100、となる。
因みに弾薬をLV50までアップグレードすると SMG、ライフル、LMG などは1200~1400発まで上昇するので、これに+60前後増えるのをどう感じるかの問題。弾数が少ない50口径だと125発が130発になるだけとなる。
因みに徹甲弾も普通の弾薬としても使えるのでお忘れなく。
整備工
あなたが乗るビークルを修理する。
PERK のページで説明したように意図的に自動修理を覚えずに居る場合はたまに使いたいときに一人用意しておくのもありかもしれないが、基本的には必要無い。
自動修理を覚えているなら当然何の意味もないアビリティ。
クイックリカバリー
体力の回復にかかる時間が短くなる。
自然回復が早くなるのではなく、体力回復キットを使った時の動作が早くなるだけなので、キットを使う頻度次第。
特殊な人以外は全く無意味なアビリティ。
不屈
注意を引き、よりダメージを受ける。
ただでさえ死にやすくてバックアップが必須な状況でこのアビリティはデメリットでしかない。
リサイクラー
数キルごとに回収した弾薬を渡してくれる。
説明だけ見れば凄く良いものに見えるが、目安で言えば拠点一つクリアした後に一回少数の弾を渡してくれる程度のゴミアビリティ。
路上で遭遇した3人程度を倒したあとでは何もくれない。ハゲワシならその三人から色々なものを大量に獲得する。
追跡不能
高い草の中で追跡されなくなる。
草が無ければ話にならない。敵に遭遇したら逃げる人専用アビリティ。
野戦医師
ダウン時に体力を完全回復する。
プレイヤーにも効果があるのかは確認してないが、そもそも一般的な実力があればアクシデントでもない限りダウンをすることが無い。
1枠消費する魅力がない。
獣医
ファングフォーハイヤーを蘇生する。
ファングフォーハイヤーを使う人には使えなくもないかもしれないが、それでも一周目限定。
ブーマーを常用したい人でも二周目以降はアップグレードで50秒で生き返るわけで、常用する人がアップグレードをしないはずがない。
ファングフォーハイヤーを使わない人にとっては考えるまでもない。
スポッター
戦闘開始時に敵をタグ付けする。
ブーマーのポインターより検知範囲が狭い。
使えないわけではないが、ブーマーは見られても攻撃されないから拠点の真ん中まで移動させることができるのが武器なわけで、人にこれを付けてもそれはない。
だが狩りとなると話は別で、一人はジェスになるがもう一人がブーマーだと動物に逃げられるので、そこでこのアビリティが重要となる。野ウサギアルファの皮を60枚集めようと思ったら、自分弓+ジェス+弓兵士スポッター持ち、の組み合わせ以外あり得ない。
薬草医
非戦闘中に植物を回収する。
バフを使わなければならないような場面が無く、自然と薬草は使い道が無くMAXキープ状態になってしまうため意味がない。
もし薬草が余るようなプレイスタイルではないとしてもハゲワシの方が収穫は多いし、そもそも薬草以外にも必要な材料はありハゲワシならそれらも拾う。
脅迫者
攻撃を仕掛けて敵を怯えさせる。
よくわからない。タイマンの殴り合いなら意味があるのかはわからないが、FARCRY5 は銃撃戦だ。

兵士タイプにより抽選候補になる

ホット・バックショット
ショットガンの爆風で火がつくことがある。
むしろ火がつかれると困る。
射撃の名手
狙撃の回数は少なくなるが、殺傷力が高まる。
遠距離の最大の弱点が手数の少なさなのにそれに磨きをかけられては困る。
殺傷力が高まるという点は火力が上がるという意味ではないと思われ、恐らくヘッドショットの精度が上がるものと思われる。
武器が豆鉄砲の AR-CL ということもあり、ヘッドショットは必須なのでその点はいいのだが、これで1枠使うのは痛すぎる。
パワーヒッター
近接攻撃で敵を吹き飛ばせることがある。
クリティカルヒットのように大ダメージなのかどうかはわからないが、吹っ飛ぶだけなら意味がない。
そもそも近接が使えないので考えるだけ無駄かもしれない。
銃撃戦の戦場に原始人やヤンキーを導入しても戦術もくそもないわけであります。

武器タイプ限定は、今のところこの三種しか確認されていません。
ヘビーと RPG は各100回ほどリセマラしましたが、固有アビリティは出ませんでした。
弓と兵士は筆者がよく使うタイプなのでそれぞれ軽く500回以上リセマラしてますが固有はありません。

アビリティはランダムではありますが、セーブとロードを繰り返すことで厳選することができます。
しかしこのゲームにはロード機能が無いので、手動でセーブファイルをバックアップして毎回クライアント立ち上げなおして厳選するのは厳しすぎます。
そこで拠点攻略時に出る「直前のチェックポイントからやり直す」機能を駆使します。
一つ目のアビリティ解除時であれば、キル数4に調整して敵の拠点に向かいます。
一人倒させアビリティを確認します。
望んだアビリティでなければ、直前のチェックポイントからやり直すを選択して、100mほど離れた地点からキル数4の状態で再開します。
目的のアビリティがついたら退却し、150mほど離れれば拠点攻略が解除されてセーブの項目が復活するので、セーブして完成です。
二つ目はキル数11で同様の作業をします。

ガンフォーハイヤーのランダム要素

ガンフォーハイヤーは色々な要素がランダムで選ばれ、プレイヤーの付近に現れます。
ランダムで選ばれる要素には以下のようなものがあります。

性別
男女同数といった感じです。
男女それぞれ大体10種類程度があります。
服装
地域によって異なります。特にレジスタンスはジェイコブの地域だけは全く違い、大半が軍服です。
名前
姓名それぞれ大量に用意されている中からランダムの組み合わせで自動的に付けられます。
その割に全く同じ見た目と名前のキャラクターが現れることもあります。
性格
声とセリフにはバリエーションがあります。
例えば女性なら声が5種類あるかどうかという感じですが、そこから更にセリフセットが5種程度、この組み合わせで性格とするならば恐らく7~8種程度存在すると思います。
一番声の高い声優のセリフセットはハイテンションの「USA!USA!」とか「ラッキーショットね」とか「ざまぁみろ!」とかのあの1セットのようにみえて、漏らす娘とそうじゃない娘の2セットが少なくとも存在します。二番目に声が高い声優のセリフセットは大人しいのと偉そうなのと2種類にみえて、細かい違いまで言えば少なくとも4種類あります。
兵士タイプ
5種類からランダムで選ばれますが、地形によってわきやすさも左右されます。
例えば山の中の足跡でできたような細い道では、近接が前を歩き後ろに弓が付いて歩くペアや、ロケランをもって犬を連れてる一人歩きとよく遭遇します。
アビリティ
キル数5と12でそれぞれランダムで選ばれます。

取り返しのつかない要素のページでも詳しく書きましたが、民間人タイプを仲間にしたいならレジスタンスレベル1の間が最大のチャンスで、2~3でも可能ですがその時点ではレジスタンスタイプも出てくることもあり、民間人を救出後に武器を取って傭兵可能になる確率が下がります。(印が〇のままで◇に変化しない)
その地区がクリアとなるLV4では民間人救出の場面が無くなるので、仲間にするのは不可能となります。
因みに民間人タイプは救出された後に武器を拾って傭兵可能状態になるわけですが、その時拾った武器で兵士タイプが決まっていると思います。
筆者は軽く500回異常は経験してると思いますが、未だかつて一度も兵士タイプと拾った武器の不一致はありません。
ん?それって?ムフフ?なわけですが、まだ成功していないので検証中です。

レジスタンスタイプを仲間にしたいのであれば、LV1の間は山の中のキャンプなどに少数居ますが、 LV1の間はレジスタンスタイプは一部のルックスしか登場しません。
LV2以上で路上にレジスタンスが登場するので選別も楽になりますが、全てのルックスは解除されず、確実に現れないタイプが何種類かいます。 
LV3で遂に全種類のタイプが解除されます。
LV4で地区開放後ではペギーがわいてた分も全てレジスタンタイプになるので選び放題となりますが、敵が居なくなってから仲間にしても…という感じです。

例えば Farcry5 で唯一の可愛い娘と言われる有名な次の画像のキャラクターは、ホープカウンティ刑務所を開放するとAR-C持ちが一人固定でわくが、それ以外の所にはLV3になった地域でしか現れない。
服装や髪形が違うこの顔ならLV1でも民間人でも居る。

可愛い娘

路上でのランダム兵士とは違い、拠点攻略後に現れる兵士は名前と性格がランダムでその他は固定となります。
更に固定の中でも二種類居て、一旦仲間にした後解除すると元の拠点に戻る完全固定(武器屋店員など)と、解除すると消滅する半固定(刑務所のような大規模拠点に湧く)が居ます。
この完全固定の兵士にアビリティを付けてしまい、それを変更したくなった場合は、一旦傭兵から解除してファストトラベルなどで視界から消えます。
もう一度戻って仲間にすればデータがリセットされやり直すことができます(10分ほど経たないと復活しないときもあります)。
半固定と路上などのランダム兵士にこの方法は使えず解除すると消滅するので、名前・性格も含めて全く同じ兵士と再会できる確率はとてつもなく低い確率となります。
とは言っても、名前まで拘らなければその他が同じ兵士を探すのは根気さえあれば可能でしょうし、性格も拘らないのならそれほど苦労しません。

おすすめの兵士セット

まず武器種に関しては、基本は3枠全てハンドガンマークの AR-C です。
まだ狩りをやる段階の人は1枠を弓にします。
RPG が欲しい人は一人入れてもいいでしょう。

強さだけで考えると、必須がバックアップで、次点でハゲワシとシックスキンとなります。
他は中には使いようのアビリティもありますが、上位の3つとの性能差がありすぎて選択の余地無しです。
3人枠全体で考えると、
1:バックアップ・ハゲワシ
2:バックアップ・シックスキン
3:バックアップ・シックスキン
これにブーマーのハゲワシの存在を加えれば2:2で回せるというわけです。

しかしこれはモードがイージーかインファマスの話であって、それ以外の人はシックスキンを付ける前に難易度を一個下げましょう。
上級者でシックスキンが必要無いというのであれば全員バックアップ・ハゲワシでいいかと思います。

一人を常にスペシャリストにするのであれば、単体で見れば弱くなりますがハゲワシとシックスキンという組み合わせもあっても良いかもしれません。
一周目のみ一人くらいは溜め込み屋が居ても良いかもしれません。

全種の動物のアルファの皮を60枚集める人などは、弓装備のスポッター持ちが必須です(ブーマーでは草食動物は逃げるため)。
筆者は特殊な部類の人間かもしれませんが、パークの自動修理とガスバーナーを取得してないので、皮集めが終わった後はバギーで崖を下ったりジャンプなどで遊んでいることもあり AR-C のバックアップ・整備工というキャラを一人入れてます。

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。