スポンサーリンク

Biohazard 4 PC版には説明書が無い

先日ポチッた Biohazard 4 ですが、届いた後開封して驚くことがありました。

なんと取扱説明書というものが存在しません。
これまで様々な輸入ゲームなどを購入してきましたが、最低でもチラシ程度のペラペラの説明書程度は入っていました。
入れ忘れではないかと疑ってしまいますね。
しかしキーの方はシールで張られていたので、操作関連ヘルプはゲーム内やランチャーメニューで見れることから無くても不思議はありません。
しかし映画の DVD でさえ最低紙一枚は入っているのが当たり前ではないかと思います。
まあイギリスはこれが当たり前なんだと思うことにしましょう。

エラーの対処法など

amazon でのレビュー等を読むと、エラー落ちでまともに動かないなどの悪評を見かけますが、私は全くそんなこともなくトラブルフリーです。
PCゲームの評判でエラー云々程あてになら無い物はありません、PC知識が全く無い人が自分のPCの問題でエラーが起きている場合がほとんどだからです。
勿論例外もありますし、古いゲームなのでメモリの使い方あたりが上手くないかもしれないので、搭載メモリーが十分であっても長時間使用するとエラーで落ちるなんて可能性はあるかもしれません。

またムービーシーンで必ずエラー落ちするという場合は、ゲームの設定やグラフィック関連やランタイムのトラブルではありません。
Biohazard 4 は古いゲームなので最近のゲームのようにゲーム自体に動画再生機能があるのではなく、PCの動画再生機能を利用してゲーム内で再生させています。
そのため PC の動画コーデックの設定で Mpeg ファイルの再生が適切に出来ていなければエラー終了します。
インストールフォルダ内の動画ファイルを直接開いて映像が再生出来るだけでは不十分です。
ゲームから再生するためには、VFW 機能で Mpeg ファイルを使えなくてはなりません。
コーデック設定に関して詳しく纏めた記事がありますので必要な方は御覧下さい。
http://helpsupport.blog.fc2.com/blog-entry-56.html

Biohazard 4 レビュー

二日ほどで全てアンロックしましたが、PS2時代にやりまくっていたにも関わらず懐かしいというよりも面白いという感覚の方が強かったです。
やはり Biohazard 4 はファンが認める名作なのは頷けます。

映像とプレイ画面の方は汚いどころではありません。
正確に言うと PS2 のクオリティそのままで移植なので、進化したハードではその汚さが逆に目立つというわけです。
データーを解析して驚いたのですが、ゲーム内テクスチャにはデスクトップのアイコン以下クラスの画像が使われていたり、最大でも WEB サイトのサムネイルクラスの大きさです。
逆に言えばこの程度の画像でこれだけ頑張ってるとも言えますね。

カットシーンは映像で再現されているのですが、ここはカプコン手抜きしすぎです。
当時はアナログテレビの時代だったので、映像には当然インターレース技術が使われています。
ですが PC の世界では昔から一般的にインターレースは使用しません。
つまり画質が悪いのに加えて横縞ギザギザで見れたものじゃないんです。
しかしこの辺りの不満はPCゲームのお約束ということで、後から改造でどうにでもなるんです。
それについては今後改造記事の方で連載して行こうと思います。

また操作性もPCでは後からどうにでもなるので、購入前に不安を感じることはないかと思います。

最近のゲームと違い Biohazard 4 はインストール後はディスクを必要としません。
ネット上では NoDVD.EXE などが出回ってますが、あれは不正入手の人達がシリアルキーを持ってないがために必要な物で、健全な我々には不必要な物です。
不正コピー防止のためとはいえ結局やられてしまうわけですから、近年のゲームも最初からディスクレスにしてもらいたいものですね。

今現在1800円程で売られている Resident Evil 4 UK版、私は値段の価値は十分にあると感じました。
当然円安が進めば価格は高騰していきますので、現在の経済状況を考えればお早めにと言いたいところです。
といってもたぶん1ドル100円、どんなに安くても130円、程度で止まると思いますが。

2014/1 追記

Biohazard 4 Ultimate HD Edition PC版発売の発表がありました。
これから購入される方はそちらを購入した方が良いでしょう。
Biohazard 4 Ultimate HD Edition の記事はこちら↓
http://gamemod.blog.fc2.com/blog-entry-30.html

スポンサーリンク
rss1 RSS Feedly はてな Follow Follow Follow rss2 Tweet FaceBook Line Youtube none
スポンサーリンク

コメント

_____________________________________________________________________________________________________
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。