スポンサーリンク

攻殻機動隊オンライン 攻略 #10 キャラクター:イシカワ

攻殻機動隊 オンライン

キャラクター毎の詳細解説です。
アニメでは座っている人としか記憶にない「イシカワ」ですが、ゲーム内では職人的な活躍をします。
使ってみると意外と面白い奥が深いキャラクターなので、素子やボーマに飽きた人にはお勧めです。

どちらかというと熟練者向きで、初心者ではどこに設置するのが有効か判断がつかないということになりがちです。
最も効果が大きいのはコンクエストで、端末周辺に設置することでチームの勝率が格段に上がります。
次にデモリッションですが、デモリッションでは攻撃側であれば設置した爆弾を守るように配置すればよいだけですが、防衛時には有効な場所を判断するには経験が必要です。
チームデスマッチでは広いマップでは無意味なのは言うまでもありませんが、港やアーバンシティのような狭いマップでも、3本程度の交戦ルートの一本を潰してしまうだけで、戦闘がつまらなくなるだけで意味が無い結果になりがちなので、全く向いてないと言えます。

スキル

クールタイム
60秒
Tire1
必要インテル:300 効果時間:秒
Tire2
必要インテル:500 効果時間:秒

Tire1とTire2で耐久力が大きく変わり、検知範囲も90度から180度に広がるため、必ずTire2で使うべきです。

セントリーガンの設置で気を付けなければならないのは、まず第一に味方の邪魔にならないことです。
例えばデモリッションの九課のセンター下の扉のように、一人が通る幅しか無いような場所にセントリーを設置すると、見方が通れなくなります。
敵の通行を妨害したくても、味方も困る場所であれば設置してはいけません。

次にに考えるべきは、敵が嫌がるところに設置することです。
デモリッションであれば爆弾解除の妨害が代表的ですが、防衛時なら敵が通りたい要となる場所などが良いです。

コンクエストなら端末周辺は当たり前ですが、そもそも端末に近付けないようにもっと敵陣側に設置するポイントなどもあります。
端末周辺の場合は、敵が手榴弾回避や発見されにくいために隠れた居場所をスキャンさせるように設置します。
主にそれは自チーム側から見た端末手前の障害物の裏側になります。

次に考えるのは、上記の敵の嫌がる位置をスキャンさせつつ、セントリーガンを壊されにくい位置に設置することです。
壊されにくい位置というのは、セントリーを壊しに行くとこちら側からハチの巣にされる位置ということになります。
また、手榴弾を当てにくい位置であればベストです。
下図で具体例で説明します。

三角の赤が敵チームで青が自チームです。
その他の三角はセントリーガンです。
端末近くにいる赤い三角が占領中の敵です。
ここに敵をポジション取りさせないことがポイントとなります。

最もベストな配置です。
ピンク
端末に辿り着く前に妨害しようと思えばこちらがベストです。
オレンジ
端末内でありながら最も壊されにくい場所ですが、敵にとって理想のポジションが端末の裏側で死角となるためほぼ無意味です。
緑の次に良く、緑よりも端末に入りにくいですが、壊されやすいのが欠点です。
敵を倒しやすいという点では一番良いですが、あまりにも壊されやすいので避けるべきです。
攻撃面では意味があっても、耐久面で全く話にならない配置で、最も悪い例です。

チップセット

電脳やフィジカルの詳細はチップセット解説ページで説明します。
必要なアビリティと残りはフィジカルのクイックステップ決まりです。

生命力増加
セントリーガンの体力:50%
銃撃で簡単に壊されては意味が無いので必須のチップです。
敵察知機能
セントリーガンが敵を察知すると、一定時間的の位置が表示される。
無いよりは有った方が情報は増えますが、フィジカルを一つ減らしてまで付ける魅力が無いチップ。
観察カメラ出力機能
セントリーガンの維持時間中は召喚者に自分の視野を提供する。
トグサのドローンカメラと同様で、ミニマップがセントリー画面に切り替わるので、ミニマップが無くなるデメリットが大きすぎるため付けるべきではないチップ。
カメラ画面がもう少し大きく、真正面からの長方形であれば使っても良いレベルだったかもしれません。

生命力増加・クイックステップx4、で決まりです。
デモリッション特化で使うのであれば、クイックストライフが実装されればステップをストライフに変更するのもありです。
コンクエスト専用で端末張り付きをメインのプレイであれば、シャープネルシールドx4というのも魅力ですが、ステップx2・シャープネルx2という組み合わせはやめましょう。
シャープネルは最低x3からが基本です。

スポンサーリンク
rss1 RSS Feedly はてな Follow Follow Follow rss2 Tweet FaceBook Line Youtube none
スポンサーリンク

コメント

_____________________________________________________________________________________________________