スポンサーリンク

攻殻機動隊オンライン 攻略 #9 キャラクター:トグサ

攻殻機動隊 オンライン


この記事はシステム大幅変更があった2017年6月のアップデート以前の記事のため、現行バージョンとは一致しない内容が含まれています。


キャラクター毎の詳細解説です。
アニメでは素子・バトーに続いて意外と出番は多かった「トグサ」ですが、原作当時の言葉で言うなら「ダサいキャラ」、これ以外の適切な表現が思い当たりません。
ゲームでは初心者向きキャラクターということもあり、階級の低い部屋やKDR制限部屋などでトグサ率が高く、他のキャラクターに比べ使用者で上級者と言える人の割合が極端に低いキャラクターで、アニメのイメージがそのままゲームでも反映されてしまっている。

初心者向きでありながら、初心者が使っても強くは無いという、なんとも言えないキャラクターです。
キルを取れない素人が全ての望みを託してドローンを発射する、といったトグサ使いが大半なのですが、熟練者がデモリッションで使うと思わぬ強さを発揮します。

交戦場所が絞られるデモリッションでは、敵にドローンを使われた場合、長い直線や広場でない限り、破壊に失敗するリスクを避け回避するプレイヤーが多いため、必ず移動しなければなりません。
つまりドローンの後をついていけば、前線を押し上げる、または背をむけて逃げている敵を倒せる可能性が高くなります。
生き残りが少数同士の場合で、互いにマップを走り回っているような状況でも、ドローンを使えばアンチマシン付き光学迷彩素子以外は確実に見つけ出すことが出来ます。

コンクエストでは端末に張り付いてる敵をドローンで高確率で剥がせるので、全く使えないキャラクターではないですが、基本的にデモリッション以外はチームに貢献できないキャラクターです。

しかしながら他のキャラクターのスキルの方が余程魅力であるため、熟練者でトグサを使っている人の大半は、100点満点アチーブメント達成のために嫌々使っているのが現状です。

スキル

クールタイム
60秒
Tire1
必要インテル:300
Tire2
必要インテル:500

Tire1とTire2ではドローンが1から2に増えるという大きな違いがあります。
またTire2では爆発ダメージに加えてフラッシュグレネード効果も追加されます。

ドローンには「壁ドローン」と呼ばれる小技があり、壁に向かって張り付いて使用すると、その方向の次の発射可能ポイントに出現する仕様があります。
壁の厚さにかかわらず、出来る場所と出来ない場所があるので、自分で試しながら美味しいポイントを覚えていく必要があります。

チップセット

電脳やフィジカルの詳細はチップセット解説ページで説明します。
必要なアビリティと残りはフィジカルのクイックステップ決まりです。

追跡速度増加
シーカードローンの察知速度:30%
偵察目的だけのための仕様で、ドローンを追いかけるときに同じ速度の方が扱いやすいのであれば必要のないチップですが、ドローンで倒す・撹乱するのが目的であれば必須のチップです。
これを付けない場合かなりエイムが苦手な人でも容易に打ち壊すことが可能となります。
維持時間増加
シーカードローンの察知時間:50%
追跡速度増加を付けていればこれを付けていなくても時間切れで終わることは無く、全く必要のないチップですが、追跡速度増加を付けていないなら逃げに徹する敵と同じ速度でドローンが追い続けることになるので必要となるチップ。
観察カメラ出力機能
イシカワのセントリーカメラと同様にミニマップが映像に置き換わり、Tire2ではその下にもう一つ画面が追加されます。
ミニマップが見えなくなって困る人は付けないチップですが、イシカワとの違いは効果時間が短いので延々とミニマップが見れなくなるわけではないというところです。
複数敵がいるところにドローンを送り込んでも、マップで確認できるのは発砲した敵だけなので、偵察強化という点では使い道があるチップです。

追跡速度増加・クイックステップx4、で決まりですが、カメラはお好み次第といった具合です。
デモリッション特化で使うのであれば、クイックストライフが実装されればステップをストライフに変更するのもありです。

スポンサーリンク
rss1 RSS Feedly はてな Follow Follow Follow rss2 Tweet FaceBook Line Youtube none
スポンサーリンク

コメント

_____________________________________________________________________________________________________
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。