スポンサーリンク

攻殻機動隊オンライン 攻略 #4 キャラクター:素子

攻殻機動隊 オンライン


この記事はシステム大幅変更があった2017年6月のアップデート以前の記事のため、現行バージョンとは一致しない内容が含まれています。


キャラクター毎の詳細解説です。
攻殻機動隊の主人公であり、このゲーム内でも圧倒的な強さ誇る「素子」について解説します。

原作でもお馴染みの攻殻機動隊といえば光学迷彩。
光学迷彩をスキルに持つ素子が優位なのは当然ですが、素子がこのゲームのバランスを崩している一番の原因はチップセットのアビリティです。
この辺りのバランス調整を考えなければゲームの寿命に悪影響があると思われますが、今のところ修正される雰囲気はありません。

スキル

クールタイム
60秒
Tire1
必要インテル:200 効果時間15秒
Tire2
必要インテル:400 効果時間30秒

扱いは難しくなく、敵の気配を感じたときや自分から飛び出すときに使うだけなので初心者向きです。
スキルシンクを貰った側は、アンチマシンや足音無音などの恩恵は無い(貰う側が素子でチップを付けていても同様)ので、クールタイムが終わった時点でTire2が溜まってないのであればTire1でガンガン使ってしまって構いません。

光学迷彩の本来の見えないという効果はそれほどでもなく、80%迷彩でも近くに居て気が付かない人は10~20人に一人と思った方が良いです。
ハイレベルなプレイヤーが集まった部屋では、40~60m程度離れていても即打ち抜いてきます。
アビリティチップの効果こそが素子の強さなので、それを意識した使い方を心掛けましょう。

チップセット

電脳やフィジカルの詳細はチップセット解説ページで説明します。
アビリティ3つとフィジカルのクイックステップ2つで決まりです。
選択の余地があるのは5種あるアビリティのうちどの3つを選択するかです。

維持時間増加
光学迷彩の維持時間:50%
Tire1で考えれば7秒程度の増加なので無くても良いと考える人もいるかもしれませんが、Tire2では15秒の増加となるので必須のチップです。
勿論このチップを付けるならスキルはTire2で使うことを心掛けましょう。
アンチマシン光学迷彩
光学迷彩使用中は、敵が設置したシーカードローンやセントリーガンに探知されない。
使ってみると手放せなくなる必須のチップです。
シーカードローンが向かってきたらスキルを使い、ドローンの後ろについてくる敵を倒す。セントリーガンを設置された端末で破壊しなくても爆弾解除や端末占領が可能。戦車をハッキングして逃げ回らずにその場で待機できる。
デモリで最後の一人のときにこのチップで勝てる場面も多いですが、コンクエでチームが困ってるときに思わぬ活躍で勝利をつかむことが出来る楽しいチップと言えます。
透明度強化
光学迷彩の透明度:-80%
サービス開始当初なら必須のチップでしたが、現在では見えないことよりもチップの効果のためにスキルを使うのが主流になっているので、選択から外すことも可能。
グラフィック設定のエフェクトシェーダーOFFのプレイヤー相手には全く意味が無いチップ。
足音無効化
光学迷彩状態で移動すると足音がしない。
デモリッションではとてつもない効果を発揮しますが、チームデスマッチやコンクエストでは全く意味が無いと言ってもいいでしょう。
走るキーを押したまま前進キーを一定間隔で押し直すことで足音がしなくなる走り方が確立された現在では、このチップの存在意義は無くなりました。
フラッシュメモリー
光学迷彩使用中に死亡すると、維持時間が停止する
素子に限らずこのチップはチームデスマッチとコンクエスト専用のチップであり、効果もどうでもよい内容なので使う人は誰もいません。

以上のように、維持増加・アンチマシン・透明度強化・クイックステップx2、で決まりですが、透明度強化を削ってステップx3というのもありです。
階級レベルがあがり、対戦相手が熟練者ばかりになってきたら透明強化を削ってみるのもありでしょう。
というのもクイックステップが2と3では登れる場所に差があるからです。
クイックストライフが実装されればステップをストライフに変更するのもありです。

スポンサーリンク
rss1 RSS Feedly はてな Follow Follow Follow rss2 Tweet FaceBook Line Youtube none
スポンサーリンク

コメント

_____________________________________________________________________________________________________
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。