スポンサーリンク

攻殻機動隊オンライン 攻略 #1 最初にやるべきこととオプション設定前半

攻殻機動隊 オンライン


この記事はシステム大幅変更があった2017年6月のアップデート以前の記事のため、現行バージョンとは一致しない内容が含まれています。


攻殻機動隊 オンライン 攻略記事第一弾として、ゲームを始めたらまず最初にやるべきことをまとめます。

PC でゲームをやるにはまず最初にデバイスの設定準備が必要です。
↓こちらの記事を先に必ずお読み下さい。
http://gamemod.blog.fc2.com/blog-entry-121.html

マウス又はコントローラー、OS の設定が終わったら、ここから先はゲーム内の話となります。
NEXON ID の作成が終わり、ブラウザの準備が整い、NGS(ゲームガード)のインストールを終えたら、公式サイトよりログインしゲーム開始を押します。
無事起動したら、最初しか観ることのできないオープニングムービーが始めります。
それが終わると強制でチュートリアルが始まり、いきなり操作開始となります。

チュートリアルは後から何度でもできるので、指示通りにどんどん進めてしまって問題ありません。
チュートリアルが終わったら、最初に使うキャラクターを選択することになります。
他のキャラクターはゲーム内通貨約25万GPで後に一つずつアンロックできます。
お試しもできなくいきなり選択なので困ると思いますが、とりあえずアニメで好きなキャラがあればそれを選んだほうが良いでしょう。
特にこだわりが無ければ強さの面で選ぶことになりますが、スキル上オールマイティに使える「素子」を選択しましょう。
次点で「ボーマ」がお勧めとなります。
他のキャラクターは不向きなモードがあったり、扱いが難しいなど、最初に選ぶと厳しい面もあります。

攻殻機動隊 オンライン

キャラクター選択が終わったらニックネーム決定となります。
ここで決める名前は、全キャラ共通のゲーム内でのプレイヤー名となります。
後から変更するには課金アイテムが必要となります。

攻殻機動隊 オンライン

ここまでが完了したら、次回以降に通常ログインした際のトップ画面へ到着となります。

最初にやるべきことはオプション設定

初日はこれだけで終わっても良いといえるほど、じっくり時間をかけて最初に完成させてしまわなければなりません。
マウス感度によるエイム感覚と、音などによる方向感覚などが関係してくるので、後から変更しては無駄に苦労するからです。
後からキー配置を変更するのとはわけがちがって、こういった感覚の修正は難しいです。

サウンド

FPS では足音で敵の位置を把握する要素があるので、実力に影響のある項目です。
5.1ch サウンドシステムや高価なヘッドフォンが有利なのは当然ですが、ステレオスピーカーを両サイドに設置すれば十分でとも言えます。
ただしディスプレイ内蔵スピーカーなどで両方とも正面のような環境では、かなりハンデを背負ってる状況になることは間違いないです。

全体音量
それぞれの環境によるのでお好みで。
BGM
待機画面やメニュー画面のBGMの音量なのでお好みで。
アンビエント
環境音のことで、ステーションステージを例で言うと、ゲームセンターの音楽・列車が通過するときの騒音、などの音量です。
ステージによってはこれらが原因で足音が聞こえないところもあるので絶対に0に設定するべきです。
効果音
メニュー操作でボタンを押すときの音などだけではなく、足音や銃声まで全て含まれています。
必ずはっきり聞こえる音量まで上げましょう。
スピーカーの種類
プレイ環境に合わせますが、よくわからない方はステレオで問題無いです。
サウンドクオリティ
必ず「高」に設定。
BGM だけではなく足音など重要な音も全く変わります。

ゲーム設定

低クオリティテクスチャモード
グラッフィクの項目内ではなくここにあるのは、ゲーム全体の動作に影響があるためです。
動作ギリギリの低スペックでもない限り OFF に設定します。
ON にするとはっきり違いが分かるほど全体の画質が低下しますが、恐らくポリゴンモデルの頂点数なども下げていると思われます。
Game.exe が一種類しかないので何とも言えませんが、ゲームが利用できる最大メモリも下げてる可能性があるので、その場合はスペックが十分な PC では逆にパフォーマンスの低下を招きます。
ラグドール効果
日本版では実装されていませんが、撃たれたときの姿勢の乱れや、死んだときの吹っ飛び方などのボーンの動作を変えるもので、ON にした場合簡単に言うとランダムにパーツが吹っ飛ぶような感じになります。
左利き用銃器
日本版では実装されてませんが、キャラクターの立ち位置を左右入れ替えるものです。
チャットフィルター
中傷発言などをブロックするものと思われますが、NG ワードリストなどは公開されておりません。
KDR 表示:数字で表示
リザルド画面やスコアボードでその試合の自分の KDR が見れるようになります。
KDR 表示:共有タイプ
上記と同様で、公開設定にすると自分の KDR を他人も見れるようになります。

操作

説明が必要と思われる項目だけピックアップします。

マウス感度
SAC では OS のマウス設定は無視して独立しているが、マウスの DPI は影響する。
ディスプレイサイズやゲームの解像度にも左右されるため、他人のマウス感度を参考にするのは無意味。
可能な限り遅く設定する。
可能な限りとは移動時に振り向く速度にも影響するため、正常に動ける最低限は必要ということ。
エイムだけなら遅い方が有利(後に図解で説明)。
射撃場で順番をあえてバラバラに狙って、スパッと合う数値を探し出す。
ある程度ゲーム自体に慣れてくると、数値が高いと毎回行き過ぎて戻し、低いと毎回足りなくて追加で動かすといったような統一感が出てくる。
狙うたびに行き過ぎたり足りなかったりする場合は手の感覚自体がまだ未熟だが、その場合は両方均等に出るような数値が美味しい数値ということ。
感覚が身についてきたら、数値を1ずつ変えながら、射撃場でなるべくヘッドショットを狙って同じ順番で全ての的を破壊するまでのタイム計測で答えが見つかる。
マウス加速
0に設定するのが常識。
数値を上げるとマウスの移動量が同じでも、早く動かしたときは大きく動くようになる。
一見便利に見えるが、目で追うのは微調整だけで大半は手の感覚で合わせるため、いつまでも手の感覚が身につかないというデメリットが大きい。
右に動かすときと左に動かすときが同じ速度の人はいないため、左右振り向きを繰り返すとセンターの位置がどんどんずれていく。
マウス感度(正照準時):マウスの場合
100に設定するのが常識。
100に設定しても通常時に比べてかなり遅い。
特に SR は非常に遅く、MG も AR に比べてかなり遅い。
有効射程が長い武器ほど遅く設定されているが、AR 以下の武器は一定速度に統一されていると思われる。
照準を覗いてる間は移動速度が低下するため、接近戦では照準を使わず移動しながら攻撃する場合が多くエイム速度は常に一定が望ましいが、このゲームではできないため最大限100に設定しておく。
但しこのゲームでは一定に統一できないので、撃つ瞬間だけ正照準を使う習慣を身に付ける必要があり、そうであれば遠距離の小さな標的を狙うときに早すぎて定まらないのであれば低く設定するのもあり。
マウス感度(正照準時):コントローラーの場合
マウス時とは全く異なった設定が必要となる。
まず最初にマウス感度を移動やクリアリング時に必要な振り向き速度に合わせてから、攻撃用にこちらの正照準を合わせる。
マウスとは異なり、攻撃までの速さに影響するためコントロールできる最大限の速さで設定する。
必ず照準を使い目で追ってエイムする必要があるため、これがコントローラーでは絶対にマウスを越えられない理由となる。
マウス反転
エイムの上下だけを反転させる。
しゃがむ方式・正照準方式
トグル方式とは、一度押すとしゃがんだままになり、もう一度押すと解除される。
長押しは押してる間だけしゃがみ離すと立ち上がる。
歩く
しゃがむと普通の歩くの間の速さで移動出来て、足音がほぼ聞こえなくなるため、デモリッションモードでは使用頻度が高い。
手榴弾即時投下
手榴弾を即投げるため、押す前にエイムを終わらせてから押す必要がある。
通常の手榴弾を装備してから射撃ボタンで投げる場合は、二種類持てる手榴弾を選択してから使えるが、こちらの方法では1番にセットした方から順に使われる。
スクリーンショット
スクリーンショットの保存先は「●:\SAC\appdata\Shipping\Screenshot\●●●.jpg」

マウス感度の図解補足

何故可能な限りマウス感度を下げた方が有利であるかを図で説明します。
マウスの移動量が同じだとして、感度が二倍違うと当たりゾーンが2倍変わります。

この様にマウス感度10で移動に不自由がないのであれば、20に上げると当たりゾーンが半分になるだけのデメリットしかないことが解ります。


オプション設定のグラフィック項目の解説は長い記事となるので、#2 で掲載します。

スポンサーリンク
rss1 RSS Feedly はてな Follow Follow Follow rss2 Tweet FaceBook Line Youtube none
スポンサーリンク

コメント

_____________________________________________________________________________________________________
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。