スポンサーリンク

Age of Empires Castle Siege 紹介・攻略

Windows 10 のストアにある、無料ゲームの「Age of Empires Castle Siege」の紹介・攻略です。

どのようなゲームかというと、西洋の戦国もので、城を育てるシミュレーションゲームなのですが、戦闘が完全自動ではなく兵の攻撃対象や歩くルートが自分で操作できるのが特徴です。
他のプレイヤーの城に攻め込むわけですが、相手側は AI 操作となるので、半対人といった感じでしょうか。
防衛側は城と兵とトラップの配置が全てとなります。

このように言われると攻撃を楽しむゲームで、防衛は面白くないように聞こえるかもしれませんが、実はこのゲームは防衛こそが楽しく、攻撃は城作りのための資源集め、又はランキングの得点集めの作業となります。
戦闘時のプレイ動画を見てもらうのが一番わかりやすいかと思います。
下の方の攻略記事のところで動画があるので御覧ください。

攻略

歴史決戦の攻略動画

歴史決戦で苦労するところがあるとすれば2~3箇所程度かと思いますが、解説するよりも動画で見た方が一目瞭然かと思いましたのでアップロードしました。
どうしてもクリア出来なかったときに参考にしてもらえればと思います。
敵の城が普段ではありえない構成となっていて意外と面白いので、なるべく自力で試行錯誤しながらクリアされた方が面白いと思うので、プレイする前から動画を見ることはお勧めできません。

城の育成

一般的には、単純に建設できるものは全て建設すればよいわけですが、筆者は少し特殊な城作りをしています。

このゲームでは世代という要素があり、世代とは城のレベルで決まります。
現在は最大10世代まであります。
大半の人は10世代を目指して突き進むと思いますが、筆者の場合は途中の世代で止めています。

世代が上がると建造物の種類が増えるので、10世代になった方が楽しいのは言うまでもありませんが、ヘルプにあるように、このゲームでは対人のマッチングの際に城の世代と兵の強さで決められるという要素があります。
更にヘルプには記載がないですが、自分の城内の建造物のレベルや、王冠の数などもマッチングに影響します。

また、このゲームでは兵の数や質が上がると訓練時間も増えるシステムなので、自分のプレイスタイルに合った世代でプレイしないとストレスが溜まったり面白くなかったりすると思います。
大体の目安として、5世代であれば20~30分に一度の出撃、9や10世代になると最低でも1時間に一度出撃できれば早い方です。

訓練時間以外にも、単純に自分が強くなればマッチング相手も強くなるため、多くの兵を操作しなければならず大変になるというのもあります。
ですが世代が上がった方が略奪できる資源や王冠が桁違いに増えることは言うまでもありません。

これらを総合して考えると、急いで世代を上げずに各世代でやれるだけのことをやり尽くし、戦闘が物足りなくなったり世代に飽きてからアップするのが良いかと思います。
特に4>5と5>6のアップグレードは劇的に代わるので、上げてから後悔することのないようにしましょう。
5世代では騎兵と各地方の特有の兵が登場します。
6世代では防衛側に火炎放射器と、攻撃防衛共に遠投投石機が登場します。

建造物に関しては、ほぼ全員と言っていいくらい作れるものは全部作ってると思いますが、筆者は防衛面から使うものだけ最小限作るスタイルでプレイしています。
防衛では城が落とされれば防衛失敗は確定ですが、城が落ちなくても建造物を50%落とされても敗北となります。
であれば建造物が多い方が壊さなければならない建物が増えるため防衛に強くなりそうですが、しかしそれが当てはまるのは兵VS兵で考えればです。
このゲームの戦闘は攻撃側の兵VS防衛側の塔です。
その塔を活かすために壁を配置し、おまけ程度の防衛兵が配備できるといった具合です。
となれば塔と壁が防衛を担当しなければならない建造物の数が少ない方が、相対的に塔の火力と壁の防御力が上がるという計算になります。

このような発想から筆者は意図的に作って無い建造物が沢山あります。
馬小屋・弓場・大使館・見張り装置・農園・製造所・砕石場、を作成していないのです。
大使館は同盟が賑わってくると作らなければなりませんが、それ以外は10世代になっても最後まで作ることはありません。
塔や壁が余ることは永遠に無いからです。

また、これらの建造物を作らないのは、防衛だけではなくマッチングも考慮しています。
と言っても、マッチングシステムの詳細が公開されていないので絶対的な根拠はないのですが、筆者が思うにはプレイヤーレベルに関係あるのは防衛塔だけではなく、全ての建造物が関係あると判断しているからです。
ですが判断に自信が無いのは計算方式です。
要らないものを作ってレベル1のままにすることで建造物平均レベルを下げる効果があるのか?
要らないものは作らずにいればLV0扱いになるのか?
平均レベル、加算、どちらで計算されるのか?
この辺りがわからないのでどっちが得なのか判断できないわけです。

世代別建設可能内容詳細表

建造物/世代12345678910
HP700089601232515750220002530034914409154894553840
ダメージ2026344456667688100110
最大交易路1112233444
ゴールド3/33/33/36/66/69/99/912/1212/1212/12
小旗の収容数2550100300200050007500120001800020000
UP時間-45秒2時間6時間20時間2日4日7日10日14日
必要木材-40027506000200006500026500082500013000003500000
経済
20202038385050707070
農園1233344444
製造所1233344444
採石場0002233333
貯蔵庫1122334444
材木置き場1122334444
倉庫0011122222
内政研究0011111111
養成所1122344444
兵舎1111111111
弓場0111111111
馬小屋0000111111
兵器工場0011111111
各国兵士0000111111
英雄の殿堂0011111111
大使館0000111111
軍事研究0011111111
防衛
石弓兵の塔0001222333
弓兵の塔1234556678
バリスタ兵の塔0000123445
火炎放射器0000011222
マスケット銃兵の塔0000000012
投石機(カタパルト)の砲台0011223333
遠投投石機の砲台0000011222
003555708595110120125
巡回ポイント0112233333
徴兵所0011222222
特技兵トラップ0000123444
鉄菱0058101214141414
炎トラップ0000012222
見張り装置0001111111

兵の育成

上記の城の育成のマッチングで触れたように、兵のレベルもこれに関係があります。
本来であれば全ての兵を育てて、色々使って遊びたいところですが、筆者は使うものだけアンロックしてレベルを上げています。
どの兵を育てるかはプレイスタイル次第なので人それぞれです。

筆者は毎回同じ編成で出撃していて、必要な分だけ使う感じです。
英雄は5世代までは毎回カール・マルテル、6世代以降は毎回カール・マルテルともう一人です。
兵数は5世代時のものです。

  • ほこ兵(槍兵LV4) x2
  • 重歩兵(歩兵LV4) x5
  • 投石機LV3 x2
  • テンプル騎士LV1 x8
  • チュートン騎士LV1 x2
  • マムルークLV1 x3

6世代からは遠投投石機も含めます。
世代が上がればこの割合を基本に増量するだけです。

これらの攻撃編成に加えて、防衛用にモスクワの略奪兵を育ててます。
5世代だと壁で困ることが無いので編成には入れてませんが、4世代で愛用していたこともあり攻城槌も育ててあります。

槍兵

槍兵は騎兵に対してダメージボーナスがあるので、敵側に城に見合わない最高レベルの騎兵系援軍が来た時のために必須です。

歩兵

歩兵は先頭で突っ込ませれば塔からのダメージ軽減があるので最高の壁となります。
他に壁役が務まる兵がいないので必須です。
HPの高いチュートンの方が優秀だと思ったら大間違いです。
チュートンは足が遅くダメージ軽減も無いので先頭で特攻させれば塔からハチの巣にされます。
またチュートンを追い越さないように後ろで騎兵をウロウロさせなければならないなど、全く歩兵の代わりは務まりません。

投石機

投石機は訓練時間も長いので極力出しませんが、塔が密集してるときや、一個ずつ壁で囲ってある場合に壁を壊さず遠距離で破壊するときに使います。
他には範囲攻撃を活かして、敵兵が一気に押し寄せてきたときに、歩兵でターゲットを集めてそこに後ろから打って一掃するなどの使い方もお勧めです。

テンプル騎士

テンプル騎士は説明には書かれてませんが、塔と壁に対してダメージボーナスがあります。
これに気付いた人とそうでない人では攻略の幅に天と地の差があります。
テンプル騎士以外で塔を破壊しようと思ったら、投石機か石弓兵しか選択がなくなるので、投石機は収容量の問題、石弓兵は塔以外に無力の問題があり厳しくなります。
壁をサクサク破壊できるのはテンプル騎士とチュートン騎士しか居ません。

マムルーク

マムルークはテンプル騎士よりも圧倒的に足が速く、中距離攻撃で対兵士にも強く壁の上に居る兵も倒せるなど、オールマイティの主力です。
建造物を破壊させても物凄い速さで破壊していきます。
総合力で最強兵で間違い無いでしょう。

モスクワの略奪兵

モスクワの略奪兵は攻撃時は戦力外ですが、防衛ではとても魅力があります。
防衛時に攻城兵器を優先して狙ってくれるのです。
しかも攻城兵器は火がついて燃えるので、特技兵並みに即破壊してくれます。
これを知らなければ援軍に送られたときに文句を言ってしまいそうですが、とても恥ずかしいことなので覚えておきましょう。


筆者は防衛のために弓場を作ってないので弓兵は使えませんが、弓場があるならテンプル騎士を減らして石弓兵を入れてマムルークを増やす感じになると思います。
ここでの兵紹介は5世代の時点の評価となります。
しかし7~10世代でも基本は変わらず、これをベースに遠投投石機と攻城槌を入れて、各兵の数を増やす程度です。
9~10世代では攻城槌の大群で一気に城を落とすなどの特殊な攻撃方法もあります。
高世代では英雄との組み合わせが重要なので、色々な編成があります。

英雄

英雄も兵と同じでプレイスタイルで選択が変わってきます。
筆者はカール・マルテル専門です。
下段の上位6人は優秀で全員使えるのですが、一番上と中断は使える英雄は限られています。

上段は全英雄の中でも最強と言えるカール・マルテルが圧倒的なのは当然として、戦略次第ではベリサリウスもかなり使えるでしょう。
ヘルマンは他の英雄が回復中で使えないときに出番がある程度でしょうか。
他の英雄は出番は無いでしょう。

中断はヘンリーとヨハネスくらいしか使えません。
しかしどちらも下段の6人とカールが回復中のときの補欠程度のポジションかと思います。
ヘンリーは優秀ではあるものの、スキルに関しては敵の配置次第というところが微妙なところですが、実はスキルを使い切った後も普通に兵士として優秀なので、それも考えれば使い慣れればかなり使えるかもしれません。
攻城兵器の大群で一気に攻めるなど特殊な戦略の際にはコンラッドはある意味最強です。

防衛ログなどを見ても、皆さん基本的に下の6人+3人で回してる感じです。
英雄が二人出撃可能になったら、攻城兵器の英雄はカール・マルテルとセットで出すのが良いでしょう。
その他に関してはどの組み合わせでも活躍できると思いますが、唯一相性が悪いのはジャンヌ・ダルクとヨハネスのセットです。

筆者のように特定の英雄を毎回使いたければ、兵の訓練時間に合わせて意図的に英雄のレベルを上げない必要があります。
例えばカール・マルテルはLVが上がると劇的に強くなりますが、訓練時間を考えれば6世代でもLV1のままにしておかなければ、訓練が終わってもマルテル待ち状態になってしまうので、LV1のまま使い続ける必要があります。
編成により訓練時間も変わってくるので、同じランクの英雄を先にレベルを上げて、訓練時間以内に回復が終わることを確認できてから、マルテルを上げると確実でしょう。

スポンサーリンク
rss1 RSS Feedly はてな Follow Follow Follow rss2 Tweet FaceBook Line Youtube none
スポンサーリンク

コメント

_____________________________________________________________________________________________________
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。