スポンサーリンク

フリーセル 隠しステージとクリア不可能ステージ番号

Windows に付属していて PC 作業の待ち時間などに丁度良いフリーセル。
やり始めるとついはまってしまって、気がつけば30分とか経過していたりします。
フリーセルには隠しステージとクリア不可能ステージというが存在します。
それらのステージ番号と初期配置を紹介します。

隠しゲーム番号

ゲーム番号には#1~#32000、XP以降は#1~#1000000が存在する。
Windows 95以降では#-1と#-2(XPではこれに加えて#1000001)
Vista以降では#-1~#-4という隠しゲーム番号が用意されている。

XPで#1000001を発生させるには、まずゲームを開始しF3キーを押す(あるいはゲーム→選択)。
「このゲームを終了しますか?」と尋ねられたら「はい」を選択し、「ゲーム番号を選んでください」を上の×ボタンを押して閉じる。
そしてゲームを手詰りにして、「同じゲーム」にチェックが付いている状態で再チャレンジする。
すると、#1000001が登場する。
描画がうまくいかない場合が多く、ウィンドウを一旦最小化し戻すことで正しい状態になる。
#-1と#-2のゲームは意図的に解の存在しない初期状態が与えられているゲームであるが、#1000001はクリアが可能である。
Vistaの#-3と#-4のゲームは、非常に容易にクリアできる。

#-1

#-2

#1000001

クリアできないゲーム番号

ある程度フリーセルをやり込むと一度は挑戦したくなるのが、これらのクリア不可と言われるステージ。
筆者もクリア出来たときのために動画を撮影しながら挑戦したことがあるが、未だに成功したことは無い。

#11982

#146692

#186216

#455889

#495505

#512118

#517776

#781948

スポンサーリンク
rss1 RSS Feedly はてな Follow Follow Follow rss2 Tweet FaceBook Line Youtube none
スポンサーリンク

コメント

_____________________________________________________________________________________________________
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。